今回は、2010〜2012年ごろに発売されていた、バッファローの据え置き型ハードディスクの「HD-LBU2シリーズ」と、その後継機種「HD-LBU3シリーズ」の分解方法を写真付きで説明します。

「HD-LBU2シリーズ」がUSB2.0接続で、「HD-LBU3シリーズ」がUSB3.0接続ですが、USB端子の形が違うだけなので、ケースの分解方法は一緒です。

さらに、添付ソフトや一部の機能の違いがあるものの、非常に多くの派生モデルがありますが、HDD本体の作りはほぼ同じです。

このHDDは、ここ2〜3年のバッファローの一番の売れ筋のハードディスクで、これまでも当社でもかなりの台数のデータ復旧・復元をしています。

ただし、このHDDはケースの分解をする難易度が高く、コツを知らない人だとあきらめるか、コツを知っていても作業の難易度からあきらめる確率は高いです。

しかし、うまくHDDを取り出せた場合、物理障害が起きてなくて論理障害の範囲なら、データの復旧・復元ができる可能性があります。

とうことで、まずはこのページで解説している分解のやり方を見て、自分でできそうかを判断して、自分では無理そうだったら、当社を含めたデータ復旧業者に依頼してください。

「物理障害」「論理障害」の言葉の意味が気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

HDDの論理障害、物理障害の説明

目次

主な仕様

  • 発売時期;2010年〜2013年頃
  • インターフェース;USB2.0接続
  • 内部HDDの形式;3.5インチのSATAが1台
  • 初期フォーマット形式; FAT32(1パーティション)
  • 機能上の特徴;タテ置きとヨコ置きの両方に対応
  • 外見上の特徴;全体が黒色のプラスチックの筐体

外観写真

hdlbu2tatePx200

タテ置き

hdlbu2yokoPx200

ヨコ置き

分解難易度

  • 難易度4(5段階で1が最も簡単、5が最も難しい)
  • ケースを留めるのにネジではなくツメが10カ所も使われているが、外見からはどこにツメがあるか見えないので、分解するにはどこにツメがあるかノウハウが必要

対象型番

HD-LBU2シリーズ・基準モデル(USB2.0接続)

型番 容量
HD-LB2.0TU2 2.0TB ブラック
HD-LB1.5TU2 1.5TB
HD-LB1.0TU2 1.0TB
HD-LB500U2 500GB

HD-LBU3シリーズ・基準モデル(USB3.0接続)

型番 容量
HD-LB2.0TU3 2.0TB ブラック
HD-LB1.5TU3 1.5TB
HD-LB1.0TU3 1.0TB

HD-LBU2シリーズ・派生モデル(USB2.0接続)

シリーズ名 型番 備考
HD-LBU2/N
  • HD-LB2.0TU2/N
  • HD-LB1.0TU2/N
基準モデルからバンドルソフトを外した
HD-LBVU2/N
  • HD-LBV3.0TU2/N
大容量タイプでレグザ録画対応
HD-LBU2/V
  • HD-LB2.0TU2/V
  • HD-LB2.0TU2/V
各種メーカーのテレビ録画対応
HD-LBFU2
  • HD-LBF2.0TU2
  • HD-LBF1.0TU2
  • HD-LBF2.0TU2-WH
  • HD-LBF1.0TU2-WH
自動ファイル仕分機能付き
 HD-LBFVU2
  • HD-LBFV3.0TU2
  • HD-LBFV3.0TU2-WH
大容量タイプで自動ファイル仕分機能付き
 HD-LEMU2
  • HD-LEM2.0TU2
  • HD-LEM1.5TU2
  • HD-LEM1.0TU2
  • HD-LEM2.0TU2J
  • HD-LEM1.0TU2J
残量表示メーター付き
 HD-LEMU2/Y
  • HD-LEM2.0TU2/Y
  • HD-LEM1.0TU2/Y
  • HD-LEM2.0TU2/YJ
  • HD-LEM1.0TU2/YJ
自動バックアップソフトAcronis付き、残量表示メーター付き
 HD-LSU2
  • HD-LS2.0TU2J
  • HD-LS1.5TU2J
  • HD-LS1.0TU2J
  • HD-LS2.0TU2
  • HD-LS1.0TU2
  • HD-LS2.0TU2-WHJ
  • HD-LS1.0TU2-WHJ
  • HD-LS2.0TU2-WH
  • HD-LS1.0TU2-WH
テレビ・ゲーム録画対応、 自動ファイル仕分機能付き
HD-LSU2C
  • HD-LS2.0TU2C
  • HD-LS1.0TU2C
ファイル圧縮保存機能付き
HD-LSU2D
  • HD-LS2.0TU2D
  • HD-LS1.0TU2D
ファイル圧縮保存機能付き
HD-LSVU2
  • HD-LSV3.0TU2J
  • HD-LSV3.0TU2
  • HD-LSV3.0TU2-WH
  • HD-LSV3.0TU2-WHJ
テレビ録画対応、 自動ファイル仕分機能付き
HD-LSVU2C
  • HD-LSV3.0TU2C
テレビ録画対応、 大容量タイプで自動ファイル仕分機能付き
HD-LSVU2D
  • HD-LSV3.0TU2D
大容量タイプでファイル圧縮保存機能付き
HDX-LSU2/V
  • HDX-LS2.0TU2/V
  • HDX-LS1.0TU2/V
  • HDX-LS500U2/V
 ハイビジョン長時間録画モデル
HD-LBU2/HPX6
  • HD-LB1.0TU2/HPX6
 ハリーポッターモデル

HD-LBU3シリーズ・派生モデル(USB3.0接続)

シリーズ名 型番 備考
HD-LBU3/N
  • HD-LB2.0TU3/N
  • HD-LB1.0TU3/N
基準モデルからバンドルソフトを外した
HD-LBU3-C
  • HD-LB2.0TU3-BKC
  • HD-LB1.0TU3-BKC
  • HD-LB2.0TU3-WHC
  • HD-LB1.0TU3-WHC
ファイル圧縮保存機能付き
HD-LBU3/YC
  • HD-LB2.0U3/YC
  • HD-LB1.0U3/YC

 

ファイル圧縮保存機能付き、冷却ファン付き
HD-LBU3-D
  • HD-LB2.0TU3-BKD
  • HD-LB1.0TU3-BKD
  • HD-LB2.0TU3-WHD
  • HD-LB1.0TU3-WHD
ファイル圧縮保存機能付き
HD-LBU3/YD
  • HD-LB2.0U3/YD
  • HD-LB1.0U3/YD
ファイル圧縮保存機能付き、冷却ファン付き
HD-LBVU3
  • HD-LBV4.0TU3J
  • HD-LBV3.0TU3J
  • HD-LBV3.0TU3
 大容量タイプ、ファイル圧縮保存機能付き
HD-LBVU3/N
  • HD-LBV3.0TU3/N
 大容量タイプ、添付ソフトなし
HD-LBVU3-C
  • HD-LBV4.0TU3-BKC
  • HD-LBV3.0TU3-BKC
  • HD-LBV4.0TU3-WHC
  • HD-LBV3.0TU3-WHC
 大容量タイプ、ファイル圧縮保存機能付き
HD-LBVU3-D
  • HD-LBV4.0TU3-BKD
  • HD-LBV3.0TU3-BKD
  • HD-LBV4.0TU3-WHD
  • HD-LBV3.0TU3-WHD
 大容量タイプ、ファイル圧縮保存機能付き
HD-LXU3
  • HD-LX2.0TU3J
  • HD-LX1.0TU3J
  • HD-LX2.0TU3
  • HD-LX1.0TU3
高速モデル、冷却ファン、ファイル圧縮保存機能付き
HD-LXU3C
  • HD-LXV4.0TU3C
  • HD-LXV3.0TU3C
高速モデル、冷却ファン、ファイル圧縮保存機能付き
HD-LXVU3
  • HD-LXV3.0TU3
  • HD-LXV3.0TU3J
大容量タイプ、高速モデル、冷却ファン、ファイル圧縮保存機能付き
HD-LXVU3C
  • HD-LXV4.0TU3C
  • HD-LXV3.0TU3C
大容量タイプ、高速モデル、冷却ファン、ファイル圧縮保存機能付き

 

分解手順

分解のコツ

このHDDの分解が難しい理由は、ネジではなくツメで組み立てられているからです。

このツメは外からは見えないために、どこにツメが隠れているかを知ることは、分解をうまくするためのコツです。

まずはケースを留めているツメの位置と作業の順番を把握

HDDをヨコにして、正面を左に置いた場合に、右下の部分のツメから反時計回りにツメを順番に外していきます。

写真に書いた数字の1から始めて、全部で10個のツメを外していきます。

HdLbu2N02

ケースの外から見たツメの位置

 

ケースを外した内側から見たツメの位置の写真を見て、隠れているツメの位置を把握してください。

HdLbu2N01

取り外したケースの内側

ツメ1と2と3を外す

ツメ1から3までの作業は、完全に順番通りでないと出来ないというわけでなく、1から3までを何度か繰り返して徐々に外れていくことが多いです。

ケースを下から見て、後ろから数えて2番目の穴を②、8番目の穴を①とします。

HdLbu2N03

下から見た写真

 

ツメ3の後ろ辺りに小さな穴があるので、そこに爪楊枝を突き刺します

HdLbu2N04

爪楊枝を挿す

 

ツメ2と、ツメ1のそれぞれの穴のところに交互に、マイナスドライバーを何度か押し込んで、「カチッ」と音がして爪が外れるまで繰り返します。

HdLbu2N05

2の穴にマイナスのドライバを押し込む

HdLbu2N06

ツメ1の穴も同様に

 

ツメ1とツメ2が外れるか、またはツメ1と2のあたりがハズレかかってきたら、ツメ3の後ろに突き刺している爪楊枝を何度か押しこんでやると、ツメ3も「カチッ」といって外れます。

HdLbu2N08

ツメ3も外す

ツメ4と5と6を外す

ツメ4の後ろにある穴にも、ツメ3と同様に爪楊枝を突き刺して、ある程度ケースがゆるまった状態にしてやって、ツメ4を外れやすくしておきます。

HdLbu2N11

ツメ4にも爪楊枝を

 

ツメ5と6の位置にマイナスのドライバーを1本づつ挿して、てこの原理で少しずつ広げる感じでツメを外します。

HdLbu2N13

ツメ4と5の位置

HdLbu2N14

ツメ4と5がだいぶゆるんできた

HdLbu2N15

最後はエイヤでツメ4と5を外す

 

ツメ4と5が外れたら、あとは手でゆっくりとひねってやるとツメ6も外れます。

HdLbu2N16

ツメ4と5と6が外れた写真

 

ツメ7と8を外す

ツメ7と8については、マイナスのドライバーを穴に挿して、交互にてこの原理を使って爪を外します。
いっぺんに外そうとするとケースが壊れるので、少しづつ何度も繰り返して外していくのがコツです。
HdLbu2N17

ツメ7を外す

HdLbu2N18

ツメ8を外す

HdLbu2N19

ツメ7と8が外せた写真

 

ツメ9と10を外す

ツメ9については、7と8と同様に、マイナスのドライバーを穴に挿して、てこの原理を使って爪を外します。

ツメ10については、最初の方にやったツメ1と2のように、マイナスドライバーを何度か押し込んで、「カチッ」と音がして爪が外れるまで繰り返します。

ツメ9と10も交互に作業を進めて、すこしずつケースを外す要領で行なってください。

HdLbu2N21

ツメ9を外す

HdLbu2N22

ツメ10はケース下部から

分解したケースから中のHDDを取り出す

ケースを外せたら、中にあるHDDを取り出す作業に入ります。

HDDを取り出す際の注意ですが、HDDのウラに隠れて見えない部分にプラスチックの部品があるので、以下に説明する手順どおりに慎重に進めないと、プラスチックの部品に無理な力がかかって、壊れてしまいます。

ということで、順番を守って、慎重に作業をしてください。

HdLbu2N23

分解直後

 

中のHDDは、左を正面、右を後ろにした状態で、左の斜め上に少しづつずらしながら引っ張り上げます。

いったん左斜め上に引っ張ってやると、右側のUSB端子や電源をつなぐ部分がケースから外れます。

HdLbu2N24

引っ張りだす

 

HDDの右側のUSB端子や電源をつなぐ部分がケースから外れた状態になったら、こんどはHDDを右側に引っ張ってHDDを取り出します。

HdLbu2N25

右へ引っ張りだす

 

取り出せたら、HDDにネジ止めされているプラスのネジを外して基盤を取り外します。

以下の写真に写っている棒状の透明なプラスックの部品が、HDDの裏に取り付けられていた部品です。

HdLbu2N26

HDDを取り出せた直後

HdLbu2N27

ネジを外す

HdLbu2N28

分解完了

データ復旧方法

ハードディスクを3.5インチのハードディスク・ケースや、USB接続アダプターに取り付けて、パソコンと接続してみます。

うまくいけば、パソコンから認識できて、データの復旧ができます。

GW3.5AA-SUP3/MB

GW3.5AA-SUP3/MB

定価:¥ 3,153

Amazon価格:¥ 2,868

カテゴリ:Personal Computers


タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25"ドライブ専用 UD-505SA

定価:¥ 1,933

Amazon価格:¥ 1,599

カテゴリ:Personal Computers


 

パソコンから認識できなかったり、データの復旧・復元ができないときは、次の記事も参考にしてください。

データ復旧できるか無料ソフトでチェック!ファイナルデータ体験版

 


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)