Macの内蔵HDDを交換する場合には、新しいHDDを用意してMacで起動出来るようにフォーマットする必要があるのですが、その手順を説明します。

店で売っている新しいHDDは、Mac用のフォーマット方法でフォーマットされていないので、自分でフォーマットし直す必要があります。

正しい方法でフォーマットしないと、Macが起動しなくなるので、注意して下さい。

目次

どんなときにこの作業が必要か?

  1. 内蔵HDDが壊れたので入れ替える時
  2. 内蔵HDDの容量が足らなくなったので入れ替える時

さらに、フォーマット後にMacが起動出来るようにOSやアプリをインストールしたり、作成済みの個人データを入れる方法は、次の4つがあります。

  1. DVDなどのインストールメディア又はインターネットからOSをインストールする
  2. Mac標準添付の移行アシスタントというツールを使ってアプリやデータを移行する
  3. Mac標準添付のディスクユーティリティを使ってクローンを作る
  4. Mac用のHDDのクローン作成ソフト、Carbo Copy Clonerを使う

なお、今回はフォーマットを完了するまでの手順だけを説明します。

OS・アプリ・作成済みデータを入れる方法A〜Dについては後日、別の記事で投稿します。

あらかじめ用意するもの

  1. 今まで使っていた内蔵HDDよりも大きい容量のHDD
  2. MacとUSB接続するためのアダプタ又はHDDケース

これらの選び方については、別の記事の「よく使われるHDDの規格とデータ復旧について」を見て、間違わないように選んで下さい。

フォーマット操作の手順

1) まず、新しいHDDをアダプタやHDDケースに入れて、起動しているMacに接続します。

そうすると、新品のHDDの場合は、次のような表示「セットしたディスクは、このコンピュータで読み取れないディスクでした。」が出ると思います。

表示されたら、「初期化…」のボタンをクリックします。

Diskut 01

 

2) 「ディスクユーティリティ」が起動されるので、画面左側のHDD一覧の中の、新しいHDDのアイコン(緑色で表示)をクリックします。

Diskut 02

 

3) 右半分の表示が変わるので、「パーティション」と表示したタブをクリックします。

その後に、「パーティションのレイアウト」の下の「現在の設定」の部分をクリックします。

Diskut 03

 

4) 「パーティションのレイアウト」は「1パーティション」を選んでから、画面の下にある「オプション…」のボタンをクリックします。

Diskut 04

 

5) 「このディスクの用途にふさわしいパーテョション方式を選択して下さい」の表示が出てくるので、一番上にある「GUIDパーティションテーブル」を選んでから、右下の「OK」ボタンをクリックします。

Mac用のフォーマット方法の設定

簡単に説明すると、2006年のインテルMacが導入されてからは、Macの起動用のHDDは「GUIDパーティションテーブル」方式となりました。

OS X 10.4 TigerまでのOS Xや、OS9やOS8の起動用ディスクにする時は、「Appleパーティションマップ」方式です。

Windowsの起動用ディスクにする時は、「マスター・ブート・レコード」方式です。

同じMacだと思って油断していると、「GUIDパーティションテーブル」方式でフォーマットしてしまって、OS9が起動しない、というのは、けっこうありがちなミスです。

 

6) 「パーティション情報」の中の項目の「名前」には適当な名前を付けます。「Macintosh HDD」とか「Mac HD」とか付ける人が多いですが、正直なんでもいいです。

「フォーマット」のところは、デフォルトの「Mac OS拡張(ジャーナリング)」のままにしておきます。

「サイズ」のところも、デフォルトで表示されたままの数字にしておきます。

以上が終わったら、右下の「適用」ボタンをクリックします。

Diskut 06

 

7) フォーマットの確認画面が出ます。

右下の「パーティション」ボタンをクリックします。

Diskut 07

 

8) フォーマットの時間は、早くて2〜3分、遅ければ5分ほどかかりますので、しばらく待ちます。

画面の右下に水色のバーで進み具合が表示されます。

Diskut 08

 

9) フォーマットが完了したら、Time Machineの設定画面で「Time Machineでバックアップを作成するためにxxxxを使用しますか?」と出てきます。

今回はMac内蔵HDD交換用に新しくHDDをフォーマットしたので、真ん中の「使用しない」ボタンをクリックします。

Diskut 09

 

10) ディスクユーティリティの画面で、ちゃんとフォーマット出来ているかを確認しましょう。

左側のHDD一覧の緑色のHDDの下に、新しくフォーマットしたパーティションの名前が出ているでしょうか?

それから、画面の下に「パーティション方式;GUIDパーティション」と表示されていますか?

どちらもOKなら、フォーマット完了です!

ディスクユーティリティを終了させてください。

Diskut 10

 

11) フォーマットが完了して、普通に使えるようになった時は、デスクトップ上にマウントされたHDDアイコンが表示されることもあります。

Diskut 11

 

 

フォーマット作業は、ここまでです。


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)