Windowsが起動しなくなったパソコンでも、HDDやマザーボードの故障ではなく、Windowsの不具合(ソフト的な問題)の場合は、Linuxを使ってパソコンを起動する事が出来さえすれば、パソコン内のデータを取り出す事が出来ます。

しかし、普段Linuxを使う事はないので、初めてやる人にとっては敷居が高いのも事実です。

そこで、全ての作業の流れ、つまりLinuxをダウンロードしてからデータ復旧するまで、図解でわかりやすく解説します。

記事が長くなりましたので、今回は前半までの流れ、Linuxをダウンロードして、Linux起動するDVDの作成まで、を説明します。

次回の後半では、実際にDVDでLinuxを起動して、データを取り出す作業、を説明します。

データ復旧用のLinuxの使い方-DVDで起動してデータ復旧する編

目次

あらかじめ準備するもの

  1. LinuxをダウンロードしてDVDを焼くためのパソコン(要インターネット接続)
  2. Linuxを書き込むための書き込み可能な新しいDVD-R
  3. LinuxをDVDに書き込むためのソフト

1については、Windowsが起動しないパソコン以外に、普通にインターネットにつながるパソコンが必要です。

自宅や職場に2台以上のパソコンがない人は、知り合いやネットカフェのパソコンを借りて、LinuxのダウンロードからDVD作成までの作業を行なって下さい。

3については、「ISO形式」という書き込みが出来るDVD書き込みソフトが必要です。
ISO形式とは、パソコン起動用のDVDの形式です。

対応したソフトがない場合、又は対応しているか不明な場合は、次の記事を参考にして、フリーのDVD書き込みソフト「CDBurnXP」をダウンロード・インストールして下さい。

CD/DVD焼き無料ソフトCDBurnXPのインストール方法

Linuxのダウンロードの手順

今回使うのはLinuxの種類の一つ、「ubuntu」というものです。

1) ubuntuのダウンロードできるホームページにアクセスします。

日本語版ubuntuのダウンロード用ホームページ

 

2) ダウンロード元としていくつかのリンクが表示されますが、「ISOイメージ」と書かれたうちの一番上をクリックします。

下の画面では北陸先端科学技術学院大学のISOイメージの方をクリックします。

ISOイメージをダウンロード

 

3) 「名前を付けて保存」の画面が出たら、適当な保存先を指定してから、右下の「保存」ボタンをクリックします。

名前を付けて保存

 

LinuxをDVDに焼く手順

4) ダウンロードしたファイルをマウスでダブルクリックします。

ファイル名が「ubuntu-ja-。。。」といった名前のものです。

ISOをダブルクリックする

 

5) 1〜2分ぐらいすると、書き込みオプションの設定画面が出ます。

左下の「ディスクのファイナライズ」にチェックが入っている事を確認してから、「ディスクの書き込み」ボタンをクリックします。

書き込みオプション

 

6) 書き込み処理が始まります。書き込みにかかる所要時間は、およそ3分ほどです。

書き込みの進行状況3

 

7) 書き込み完了の画面が出たら、右下の「OK」ぼたんをクリックします。

書き込み完了

 

以上で、DVD起動用のLinuxの作成が完了しました。

 

次回の後半では、実際にDVDでLinuxを起動して、データを取り出す作業、を説明します。

データ復旧用のLinuxの使い方-DVDで起動してデータ復旧する編


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)