データのバックアップを取ったり、動画や写真などサイズが大きいファイルを大量に別のHDDやUSBメモリなどにコピーするときにはとても時間がかかりますが、コピー時間を短くする工夫を紹介します。

方法としては2つ、ハードとソフトの両方の工夫があり、両方行えばとても改善効果がありますが、1つだけでも大きく改善効果は得られます。

目次

  1. ハード的な工夫 – USB3.0の周辺機器を使う
  2. ソフト的な工夫 – 無料の高速コピーソフトを使う

1. ハード的な工夫 – USB3.0の周辺機器を使う

パソコンがUSB3.0に対応している場合は、USB3.0接続の外付HDDやUSBメモリを使うと、今までのUSB2.0とくらべて3-4倍の速度でデータのコピーがが出来ます。

ただし、ファイルサイズの小さいファイルが大量にある場合は効果が薄く、動画やデジカメのRAWデータなどファイルサイズが大きいファイルの時は効果が非常に大きいです。

この差の原因は、ファイルをコピーする処理の時にはパソコン内部で1つずつのファイルを確認しているので、大量にファイルがあるときはその処理量が多いためです。

よって、エクセルやワードなどのデータを保存するHDDなどはあえて価格の安いUSB2.0を使い、動画データなどファイルサイズが大きいものを保存する場合はUSB3.0を使うという使い分けがオススメです。

USB3.0については次のページで詳しく説明しています。

USB3.0のオススメの周辺機器

外付けHDDは有名メーカー(バッファロー、IOデータ、ウエスタンデジタル、東芝など)のうち、自分の好きなものを選べばよいのですが、おそらく一番良く売れているうちの一つであろう次のモデルをオススメしておきます。

USBメモリは、永久保証で価格もリーズナブルな次の機種をオススメします。

2. ソフト的な工夫 – 無料の高速コピーソフトを使う

Windowsにはファイルのコピーが高速なフリーのソフトがいくつかあるのですが、最も定評があり私も日常的に使っている「FastCopy」をイチオシしておきます。

細かいチューニングをすればより高速にコピーができますが、チューニングしないでも十分高速にコピーできます。

また、このソフトの良い所は、途中でコピー出来ないデータがあったとしてもスキップしてコピーを続けてくれるところです。Windows標準の機能では、コピー中にエラーがあるとそこでコピーが止まってしまうので、これはなかなか便利な機能です。

さらに、コピーできなかったものはログとして残してくれるので、後で何がコピーできなかったかがわかります。

 


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)