Windows用バックアップソフト「EaseUS Todo Backup」でWindowsが起動しない時に使用する「緊急起動ディスク」の起動チェック方法を図解入りで丁寧に説明します。

なお、「緊急起動用ディスク」の作成方法は以下の記事で説明していますので、まだ作成してない場合は記事を参照して作成して下さい。

目次

  1. 「緊急用起動ディスク」で起動できるかを確認する
  2. 「緊急用起動ディスク」で起動した画面を終了する
  3. 起動できなかった時はどうするか?

1. 「緊急用起動ディスク」で起動できるかを確認する

USBメモリとDVD

1) 次のどちらかの方法で、「緊急用起動ディスク」用のUSBメモリ/DVD-R/CD-Rからパソコンを起動します。

  • パソコンの電源を切った状態で、パソコンに「緊急用起動ディスク」作成用のUSBメモリ/DVD-R/CD-Rを接続/挿入してから、電源を入れる
  • パソコンの電源が入った状態で、パソコンに「緊急用起動ディスク」作成用のUSBメモリ/DVD-R/CD-Rを接続/挿入してから、パソコンを再起動する

なお、パソコンの機種によっては、USBメモリ/DVD-R/CD-Rから起動させたい場合はキーボードのF12キーなど特定のキーを押したり、「BIOS」というパソコンの基本設定を変更する必要があります。

うまく起動できない時は、自分のパソコンに付属の取扱説明書を見たり、メーカーのホームページで調べて下さい。

 

2) 「緊急用起動ディスク」からの起動が始まった場合、背景が黒い画面になって左上にEaseUSのロゴと、英語の小さな文字で「Loading ,  please wait …」と表示が出ます。

この表示で1〜3分ほど待ちます。

緊急用起動ディスクから起動中

 

3) 画面が切り替わって「Boot menu」の画面が出た場合は、一番上の「EaseUS Todo Backup」をキーボードの↑⇣の矢印キーで選んでから、エンターキーを押します。

緊急用起動ディスクのメインメニュー

 

4) 背景の壁紙がブルーの画面が表示されます。この画面が「緊急用起動ディスク」から起動した時の「緊急起動用 EaseUS ToDo Backup」のホーム画面です。

この画面が表示されたら、「緊急用起動ディスク」の作成と起動テストが成功したということになります。

緊急用起動ディスクから起動した時のホーム画面

 

2. 「緊急用起動ディスク」で起動した画面を終了する

5) 起動テストを終わらせるには、ホーム画面の右上の×ボタンをクリックして画面を閉じてやります。

緊急用起動ディスクのホーム画面を閉じる

 

6) 背景が黒い画面になって左上に英語が表示されたら、「緊急用起動ディスク」のUSBメモリ/DVD-R/CD-Rを取り出します。

緊急用起動ディスクの終了中の画面

 

7) 取り出すのが遅かった時は再び「Boot menu」が表示されます。

その時は、真ん中の「Boot from first hard disk」を選んでエンターキーを押し、普通にWindowsを起動させてから、「緊急用起動ディスク」のUSBメモリ/DVD-R/CD-Rを取り出します。

Boot menu再表示

 

3. 起動できなかったらどうするか?

パソコンの機種やUSBメモリの種類によっては、USBメモリからの起動ができない場合が割りとあります。

その場合は、以下の記事を参考にして、緊急用起動ディスクをDVD/CDで作りなおして、再度起動を試してみてください。

DVD/CDからの起動ならほぼ確実にできると思います。

くれぐれも、パソコンが起動しなくなった時にいざ使おうとしても、「肝心の緊急用起動用ディスクから起動できない!」ということがないように。

 

EaseUS ToDo Backup 基本操作の記事の一覧

 

この記事に関連するオススメの商品

バックアップの保存先として、USB3.0接続の外付のハードディスクをオススメします。

パソコンがUSB3.0に対応していれば、USB2.0よりも4倍ほども読み書き速度が速くなります。


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)