頭を抱える女性

バッファローのLinkStation/TeraStation、IOデータのLANDISKといったネットワーク型HDDには「ファームウェアのアップデート」という機能があります。

これを行うことによって、動作の安定化/高速化/機能の追加といったメリットが有るのですが、時にアップデートの失敗をすることがります。

では、「ファームウェアのアップデート」が何をやっているか、どういった時に失敗するか、注意することを説明します。

目次

  1. そもそも「ファームウェアのアップデート」ってのは何をやっているのか?
  2. ファームウェアのアップデートに失敗する原因あれこれ
  3. ファームウェアのアップデートの前に必ずやること
  4. ファームウェアのアップデートに失敗した時のデータ復旧方法
  5. それでもデータ復旧が出来ない時は

1. そもそも「ファームウェアのアップデート」ってのは何をやっているのか?

Windows XPからWindows 8へ

OSを入れ替えている

結論から言うと、OSの入れ替えです。

もっとわかりやすくたとえて言うと、パソコンで動いているWindowsやMacのアップデート、たとえばWindows XPからWindows 7や8に入れ替えているようなものです。

ネットワーク型HDDの内蔵HDDの中は大きく二つに分けられる

WindowsパソコンのCドライブとDドライブ

Windowsパソコンの内蔵HDDを「Cドライブ」「Dドライブ」に分けて、「Cドライブ」にWindows本体とプログラムをインストールして、作成データはすべて「Dドライブ」に保存している人も多いと思いますが、ネットワーク型HDDもまさにこれと同じです。

ネットワーク型HDDの中身は、大きく分けて次の二つの領域に区別できます。

  1. OS領域
  2. データ保存領域

ネットワーク型HDDのOSがどこに入っているかというと、「1. OS領域」です。

先のWindowsパソコンの例で言うと、「Cドライブ」に当たります。

OS領域が壊れてしまうと、ネットワーク型HDDが起動できなかったり、起動できてもパソコンからアクセスできなくなります。

Windowsパソコンと違うのは、通常はユーザーからこのOS領域を見ることは出来ないという点です。

さらに、「ファームウェアのアップデート」を行うときには、この部分をアップデートしています。

また、内蔵HDDの残りの部分は「2. データ保存領域」として、ユーザーから見ることが出来て、自由にファイルを保存することが出来ます。

これも先のWindowsパソコンの例で言うと、「Dドライブ」に当たります。

2. ファームウェアのアップデートに失敗する原因あれこれ

ネットワーク型HDDのファームウェアのアップデートに失敗するのは、次のような場合です。

2-1. ファームウェアのアップデート中に電源を落とした場合

わざとネットワーク型HDDの電源を落とすことはないと思いますが、たまたま停電が起きたり、アップデートで使っているパソコンがフリーズしたりして、アップデートが完了する前に中断してしまった場合。

2-2. ネットワーク型HDDの内蔵HDDが故障している・故障しかけている場合

ネットワーク型HDDの内蔵HDDが故障している・しかけていて、アップデートのデータを書き込むことが出来なかったり、中途半端に書き込んでしまった場合。

2-3. ネットワーク型HDDの基板や電源が故障している場合

このケースはあまりないかもしれませんが、ファームウェアのアップデートをしているタイミングで、ネットワーク型HDDの基板や電源が故障することがあります。

3. ファームウェアのアップデートの前に必ずやること

このページの最初のほうで書いたとおり、ファームウェアのアップデートでとはWindowsで言うところのCドライブを書き換えることです。

CドライブにWIndowsがうまくインストール出来ないと、たとえDドライブのデータは問題がなくても、パソコンが起動できなくなりますよね?

よって、ネットワーク型HDDのファームウェアのアップデートをする前には、「必ずデータのバックアップをとること」が強調しても強調されすぎることはありません。

バックアップ先はネットワーク型HDDに外付けHDDに接続しても良いし、他のネットワーク型HDD、手元のパソコンのどれでも良いのですが、バックアップを取った後で、ちゃんとバックアップの中身を開けるか等の確認を取るのを忘れずに。

4. ファームウェアのアップデートに失敗した時のデータ復旧方法

ネットワーク型HDDが起動できなくなった場合のデータ復旧方法については、以下の関連ページをご覧ください。

5. それでもデータ復旧が出来ない時は

上記いずれの方法でもデータ復旧ができなかった場合や、自分でやるのは不安、やり方がよく分からなかったり、速く・確実・安全にデータ復旧を考えているならば、当社のデータ復旧をご利用ください。

連絡先は以下となります。


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)