データ復旧業者に問い合わせや見積もりをすると、「論理障害」「物理障害」「ハードエラー」といった独特の言葉で説明される事が多いのですが、これらの言葉の説明をします

目次

HDDの論理障害

別名ソフトウェア上の障害・故障・トラブルなどとも言う。

どのような状態か?

外付けのハードディスク(以下HDDと省略)やUSBメモリの場合、「ファイル一覧情報(インデックス)のデータ」や「パーティション情報」が破損した状態に該当する。

WindowsパソコンやMacやNAS(LinkstationやTerastationやLAN DISKなどのネットワーク型HDD)の場合、上記の2つの状態に加え、システム(OS)を起動させる設定情報が破損している状態もある。

復旧の可能性は?

ファイルやフォルダといったデータそのものは壊れていなくて、データ復旧できる可能性が高い

今後も使えるか?

また、パソコンやHDDなどの機械的故障は起きていない。

WindowsパソコンやMacの場合、必要なデータを復旧させてから、再インストール・リカバリをすれば、パソコンは使えるようになります。

外付けのHDDであれば、フォーマットし直せば使えるようになりますが、再度障害が起きる可能性があるので、再利用はできれば避けた方が良いでしょう。

関連記事

Windowsが起動しない時は、次の記事が参考になります。

パソコンが起動しない時にはまずセーフモードを試そう

Windowsパソコン内蔵のHDDや、外付けHDDからデータを吸い出す時は、次の記事が参考になります。

無料のデータ復旧ソフトRecuvaの使い方説明

データ復旧できるか無料ソフトでチェック!ファイナルデータ体験版

NASが起動しなかったりパソコンから認識しない時は、次の記事が参考になります。

EMモード発生!Linkstationのデータ復旧方法 

壊れたLinkstationなどNASのHDDを直接Windowsパソコンで読み出すための方法

HDDの物理障害

別名ハード的な障害・故障・トラブルとも言う。

どのような状態か?

多くのデータ復旧業者では程度や内容によって、「軽度・重度」の2段階にレベル分けしています。

軽度と重度の違いは、HDDをクリーンルーム内で開封する作業が発生する場合が重度になります。

<軽度>

データ記録領域の何カ所かにキズが付いていて、ところどころ読み取れない領域がある。

キズが付いている部分はデータは復旧出来ないが、それ以外の部分のデータは復旧出来る場合が多い。

また、2008年-2010年ごろのSeagate社の特定機種のHDDでは、一時的に動作がフリーズする現象が見られますが、これも軽度の物理障害に該当します。

これはフリーズを解除してやれば、データの読み出しが可能です。

SeagateのHDD特有のトラブル

<重度>

HDDの基盤やモーターが故障していて、電源をつないでも全く動かなかったり、すぐに止まってしまう状態。

電源をつなぐと「カチン、カチン」といった音がする場合が多い。

あるいは、「ピーッ、ピーッ」といった電子音が何回か鳴って止まる。

復旧の可能性は?

物理障害の場合は、個人でデータ復旧はできず、専門のデータ復旧業者に依頼することになります。

ただし、前述のように軽度の場合はデータ記録領域のキズがついたところは復旧できませんが、それ以外は復旧できる場合が多いです。

また、HDDを開封してデータ記録領域に問題が起きてなければデータ復旧できる場合が多いですが、軽度の物理障害に比べて作業時間がかかります。

作業時間がかかるということは、費用も何倍もかかるということになります。

今後も使えるか?

物理障害の場合はデータ復旧できた・出来なかったにかかわらず、ハードウエアの故障なので今後は使用できません。

関連記事

物理障害が起きる原因・予防法について、以下の記事が参考になります。

HDDが壊れる主な原因とその対策


【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)