いつものように外付けHDDやUSBメモリをパソコンにつなぐと、「フォーマットされていません」「フォーマットする必要があります」「フォーマットしますか?」等と聞かれてパソコンから正常に認識できないことがあります。

絶対にフォーマットしないで下さい!

まずは、「キャンセル」や「いいえ」を押して、フォーマットしないでください。

Fotmat yn1

Fotmat yn2

 

この記事では個人レベルで対応できる対処法を書いていますので、

  • この記事でも対応出来ない場合
  • やり方がいまひとつわからない場合
  • 「早く・確実・安全」にデータ復旧をしたい場合

については、データ復旧の専門家である当社に依頼してもらうことをオススメします。

 

目次

 

1. HDDやUSBメモリはどういう状態になっているか

「フォーマットされていません」というエラーが出るのはどういう状態かというと、「パーティション情報(HDDの設定情報)」や「ファイル/フォルダの一覧情報(インデックス)」が壊れている状態です

この状態を、データ復旧業者がよく使う言葉で言うと、「論理障害」「ソフト的障害」などと言う場合が多いです。

もしも、HDDが全く動かなかったり、USBメモリの内部のICチップが故障している場合は、全く何のメッセージも出ないので、逆に言えばファイルやフォルダそのもの等のデータの本体は無事な場合が多いです。

この場合は、データ復旧業者がよく使う言葉では、「物理障害」「機械的障害」「ハード故障」などと呼ばれます。

「論理障害」「物理障害」については、別途説明しているページもあるので、ご覧ください。

HDDの論理障害、物理障害の説明

ただし、HDDが物理的に壊れかけていて状態が悪くなる進行中の場合にもエラーメッセージが出る場合がありますので、あまりあれこれ試行錯誤せずに、速やかに後でのべるデータ復旧方法を行うか、データ復旧業に依頼することを強く推奨します。

長時間HDDやUSBメモリに負荷がかかった状態が続くと、最終的には全くデータの読み書きができず、データの復旧も絶望的になる時があります。

 

2. HDDやUSBメモリにデータが読み書きできる仕組み

HDDやUSBメモリには、通常のファイルやフォルダの他に、システムの管理情報として以下に記載している「パーティション情報」と「インデックス情報」の2種類の情報が保存されています。(ふだん使用者が意識することはありませんし、意識する必要もありませんが)

2-1. パーティション情報

パーティション情報も詳しく見ると2種類に分けられます。
  • HDDやUSBメモリには必ず1つだけのMBR(マスター・ブート・レコード)
  • 1パーティションに1つづつのPBR(パーティション・ブート・レコード)

これらの情報は、HDDやUSBメモリの中のパーティションの数やパーティションのサイズやパーティション形式(NTFSやFAT32やExFATなど)を含んでいます。

パーティション情報に保存されている情報の内容
  • パーティションの数がいくつあるか、の情報(最大4つまで作成可能)
  • パーティションのサイズ
  • パーティションの形式(NTFSフォーマット、FAT32フォーマット、ExFATフォーマットなど)

 

2-2. インデックス情報

各区画に分けられたパーティションには、「パーティションの中のどこにどのファイルやフォルダがあるか」を収めたインデックス情報が保存されています。

  • NTFSフォーマット・・・MFT(マスター・ファイル・テーブル)
  • FAT32フォーマット・・・FAT(ファイル・アロケーション・テーブル)
インデックス情報に保存されている情報の内容
  • HDDやUSBメモリのどの場所になんというファイル/フォルダが保存されているか、の情報

 

2-3. データの読み書きの仕組み

パソコン使用者がデータを読み書きする場合は、パソコン内部では自動的にこれら2種類の情報を参照しながら行なっています。

しかし、もしもこれらの情報のどちらがかが破損・消失した場合は、パーティション/ファイル/フォルダなどのデータそのものは存在したとしても、パーティション/ファイル/フォルダが保存されてない状態、とパソコンが誤解してしまいます。

そう、こんなふうに

パーティション情報がない!・・・買ってきたばっかりの何もデータが書き込まれてないHDDなのか?

インデックス情報がない!・・・パーティションはあるが、ファイルやフォルダがまだ何も書き込まれていないのか?

と、パソコンが勘違いしてしまうわけです。

 

2-4. ファイル削除やクイックフォーマットの仕組み

ファイル削除の仕組み

HDDなどからファイル/フォルダをゴミ箱から削除した直後は、上記で説明した「インデックス情報」に、削除したファイル/フォルダがあった場所に「ここは上書き可能ですよ!」と情報を書き込んだ状態です。

ファイル/フォルダを直接削除しているわけではありません。

しかし、パソコンに新たにデータを書き込む場合には「ここは上書き可能ですよ!」とインデックス情報にが変わっているので、じきにデータが上書きされていきます。

つまり、ファイル/フォルダを削除した直後で、新たにデータを上書きしてなければ、データ復旧できるということです。

クイックフォーマットの仕組み

クイックフォーマットも上記のファイル削除の仕組みと考え方は似ています。

つまり、クイックフォーマットというのはデータを全部削除するのではなく、インデックス情報に「このパーティションの中は全部データの書き込みができますよ!」と書き込んだだけの状態です。

よって、クイックフォーマット直後にはファイル/フォルダなどのデータの実体は削除されずにそのまま残っています。

しかし、新たにデータを書き込み時にはデータが上書きされていきます。

 

3. この現象が起きる原因・防止法

では、なぜ「パーティション情報」や「インデックス情報」が壊れてしまったのでしょうか?

よくある原因としては、以下の様なケースがあります。

USBの安全な取り外しをしなかった

HDDやUSBメモリをパソコンからいきなり抜くと、インデックス情報やパーティション情報が壊れることがあります。

特に、FAT32形式のフォーマットのHDDやUSBメモリは壊れやすいです。

防止法

いきなりパソコンから抜かずに、「USBの安全な取り外し」を行なってから、抜くようにしてください。

USBの安全な取り外しのやり方

衝撃を与えてしまった

小さい子供がいる家庭でありがちなのは、子供が蹴っ飛ばしてから、エラーメッセージが出るようになったケースが多く見られます。

また、電源を入れたHDDを使用中に肘で強い衝撃を与えてしまった、という話も聞きます。

さらには、HDDを机から落としてしまった場合もあります。

防止法

子供の通り道や手の届くところにパソコンやHDDを置かない、HDDが手などにあたらないように少し離れた場所に置く、HDDを机の上に置くときは、なるべく落ちにくい場所に置く。

経年劣化でデータの読み書きができなくなった

買ってから5年以上ぐらい経ったHDDやUSBメモリで見られるケースです。

いきなり壊れるのではなく、HDDやUSBメモリのデータ記録領域にエラーの部分が少しづつ増えていって、ある日「フォーマットされていません。フォーマットしますか?」といったエラーが出る場合もあります。

防止法

目安として、3〜5年以上経ったHDDやUSBメモリは壊れる確率が高くなりますので、買い替えてデータを移し替えることを検討してください。

 

4. データの復旧方法

データの復旧方法としては、大きく分けて2種類、「A) 業者に依頼」と「B) 自分で復旧」があります。

A) データ復旧業者に依頼する

自分であれこれ試行錯誤せずに、確実に早くデータ復旧をしたい場合は、当社を含めたデータ復旧業者に依頼することをオススメします。

 

B) フリーソフトや有料ソフトで自分でデータ復旧

対処法その1) フリーのデータ復旧ソフト「Recuva」でデータ復旧する。

当ホームページの別記事を参考にして下さい。

無料のデータ復旧ソフトRecuvaの使い方説明

対処法その2) 体験版ソフト「ファイナルデータ」でデータ復旧できそうかどうかを調べて、できそうだったら製品版を購入してデータ復旧する。

当ホームページの別記事を参考にして下さい。

データ復旧できるか無料ソフトでチェック!ファイナルデータ体験版

ファイナルデータ10plus 特別復元版

ファイナルデータ10plus 特別復元版

定価:¥ 11,664

Amazon価格:¥ 8,700

カテゴリ:CD-ROM

発売日:2012-01-26


ファイナルデータ10plus 特別復元版 [ダウンロード]

ファイナルデータ10plus 特別復元版 [ダウンロード]

定価:¥ 8,208

カテゴリ:Software Download

発売日:2012-01-26



【データ復旧の見積もりを取る・申し込む 】

データ復旧の料金や日数などを見る

WEBで見積もり依頼はこちら

3時間以内に回答します。
(朝9時から夜12時)